• ホーム
  • クラミジア検査は何科に行けばいいの?

クラミジア検査は何科に行けばいいの?

心配する女性

クラミジア検査を受ける際には女性であれば産婦人科、男性であれば泌尿器科を受診しておけばとりあえず問題はありません。
どちらも性器に発生する性感染症を治療対象としている診療科目であるため、少なくとも受診した際に「ここでは治療を受け付けていません」などと言われるとは無いでしょう。
喉に症状が出ている咽頭クラミジアの場合は耳鼻咽喉科でもクラミジア検査を受けられることが多く、もし症状が性器ではなく喉に出ているということであれば耳鼻咽頭化の受診でも構いません。
ただ産婦人科にせよ泌尿器科にせよ、クラミジア検査を引き受けている場合には咽頭クラミジアの検査も同様に引き受けていることが多いです。
もし性器クラミジアと咽頭クラミジアの両方の症状が出ているようであれば産婦人科・泌尿器科を選択した方が良いでしょう。

また最近だと性病を専門として治療する専門クリニックや性病科といった診療科目が設けられている病院が増えており、もしそうしたクリニック・病院に行くことが出来るのであればそうした病院に行くこともお勧めできます
こうしたところは性感染症を専門的に治療しているために医師と看護師に高い知識と技術を期待することが出来、他の病気の治療も引き受けている産婦人科・泌尿器科よりも素早く、適切な対処をしてもらうことが可能となっています。
ちなみにクラミジアは男女双方に発生する性感染症であるため、もしパートナーの二人に症状が出ているのであれば同じ病院を受診したほうが良いです。
この場合は産婦人科でも泌尿器科でも良いのですが、どちらか一方だけが完治してもその後の性行為で再び感染してしまうピンポン感染が引き起こされるリスクがあります。
性感染症は男女のどちらかが治療すれば良いものではないということをしっかり理解したうえでクラミジア検査を受けるようにしてください。