• ホーム
  • クラミジア検査を受けない言い訳に精液との関係

クラミジア検査を受けない言い訳に精液との関係

クラミジアは性感染症の1つで、性交渉で感染します。
その予防としてはコンドームの着用が挙げられますが、コンドームを着用し精液が付かなかったからパートナーには感染しない、ということは言い訳にしかならず、クラミジア検査を受けない理由には当てはまりません。

例えば射精直前にしかコンドームを着用せず、それまでは何も着用しない状態で性交渉をしていれば俗に我慢汁と呼ばれるカウパー液が出ており、これによりクラミジアに感染することが考えられます。
またクラミジアに感染した人とタオルを共用すればそれだけで感染する可能性もありますし、咽頭にクラミジアが感染してればオーラルセックスをすることでパートナーに感染をさせてしまいます。
クラミジアに感染している人が1人いれば、気付かない間に自分もクラミジアに感染している可能性があるのです。
そのためコンドームを着用していたから大丈夫というのは言い訳にしかならず、パートナーがクラミジアに感染していたら自身もクラミジア検査を受ける必要があるのです。

クラミジアの自覚症状として男性なら排尿時の軽い痛みや陰部の痒みと言った不快症状、女性であればおりものの分泌量が増えたり少量の不正出血が起こったりします。
しかし女性の場合はこの様な自覚症状は普段の生活でも起こり得ることなのでクラミジアに感染したことに気付かない人も多く、男性の方が気付く可能性は高い傾向にあります。
そのため性器に違和感や不快症状を感じたらクラミジアに限らず性病を疑い、男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科で検査を受けることが一般的です。
クラミジアは感染に気付かず放置することで男女ともに不妊症の原因になる可能性があります。
そのため早期発見し早期治療することが重要なポイントになります。