• ホーム
  • 感染経路を知り悪化する前にクラミジア検査を受けよう

感染経路を知り悪化する前にクラミジア検査を受けよう

ウィルス

クラミジアは細菌性の性感染症です。
性交渉によって感染し、男女問わずに発症してしまいます。
性器だけではなく、オーラルセックスによって咽頭にも感染し、また眼の粘膜からも感染することがあるので、その場合眼にも症状が出ます。
クラミジアは、感染しても自覚症状がまったく出ないことも多くあります。
しかし、感染しているのに治療を受けないまま放置しておくと、男性、女性問わず不妊症に至ることがあります。

女性の場合、卵管炎を起こし、卵管が詰まってしまうことがあります。
男性の場合、陰嚢が腫れ、無精子症になってしまう危険性があります。
性器にいつもとは違う異常を感じたときは、早急に女性は婦人科に、男性は泌尿器科を受診しましょう。
そこで、クラミジア検査を受けることができます。

クラミジアは、悪化する前に治療することが非常に重要です。
ジスロマックやクラリシッドといった抗生物質を決まった日数、決まった分しっかり飲むことにより、治すことができます。
クラミジアに感染したことがわかったら、感染経路を明らかにすることが必要です。
コンドームなしでの性交だけでなく、ディープキスでも感染することがあるので、誰といつ関わって感染したのか必ず突き止めてください。
そして、必ず感染したことを相手に伝えましょう。

パートナーと二人で治療を受けなければ、お互いに何度も移し合ってしまいます。
また、パートナー以外と関係を持って感染してしまった場合も、パートナーに伝えなければなりません。
クラミジアをはじめ、性感染症にかからないようにするためには、不特定多数との性交渉を避けることが一番の方法です。
自分と大切なパートナーの将来のために、恥ずかしがらずに打ち明け、検査を受けることが非常に重要です。