• ホーム
  • 男性のクラミジア検査について

男性のクラミジア検査について

考える女性

男性のクラミジア検査は、健康診断などと同様に行われる尿検査で判別できます。
クラミジアの感染率は高く、年々上昇傾向にあります。
男性のクラミジア検査は基本的に尿検査ですが、合わせて尿道の分泌液(膿)があればそれも採取されます。
検査方法としてはPCR法とハイブリット・キャプチャー法があります。
PCR法は採取した検体(尿など)を温めて冷やすを繰り返し行うことで、原因となるクラミジアトラコマティスという病原体の検出をします。
この方法は非常に感度が高い検査方法として、幅広く用いられています。

もうひとつのハイブリット・キャプチャー法は、現在多くの機関で使われるようになった方法で、郵送でも検査してもらえる検査キットが注目されています。
問題点としてはPCR法は感度が高い分、発病していないにも関わらず陽性反応が出ることがあります。
ハイブリット・キャプチャー法では、その心配はありません。

クラミジアに感染していても自覚症状はがないことが多く、男性も50%の方が気づかないとされます。
一回の性行為で感染する確率は50%と高いにも関わらず、自覚症状が出難いために放置してしまうのです。
出来るだけ早く医療機関でのクラミジア検査を受けて、適切な治療を受けずにいると他の感染症への感染率も高くなってしまいます。
男性の自覚症状として現れるのは、排尿時の軽い痛みや尿道からの分泌液(膿)・尿道のかゆみ・不快感・睾丸の腫れと痛み・のどの腫れや痛み・発熱などがあります。
男性の場合、女性よりも自覚症状が出やすいといわれています。
それでも放置してしまうと尿道炎やクラミジアが体の深部にまで進行してしまい、前立腺炎や副睾丸炎といった症状を引起します。